書籍紹介

内容紹介

著者のみちひらき研究家・平澤利佳は、

スピリチュアルな存在、いわゆる肉眼で見えない存在を、「視える」「聴こえる」「感じる」ことができる能力を持って生まれてきた。

4歳を過ぎた頃から人と違うということでコンプレックスになり、
「利佳ちゃんって変わってるよね」
といじめを先生や生徒から受け人も自分も信じられなくなる。

自分に自信がなく不安がありコミュニケーションが下手で人間関係の気づき方もわからず、母親・友人・恋人などの意見に惑わされ軸がない。自分のことがよくわからなくなり自分探しの旅をしていた。母親との仲も悪く、子どもにもあたってしまう。自殺未遂や、2度の離婚も経験する。

そんな著者が、今では明るく幸せにパートナー、子ども、仲間たちと過ごし笑顔でいられるのは、スピリチュアルと心理学を素敵な出逢いの中で学び、エネルギーと心の扱い方がわかってきたからであった。

現在はスピリチュアルカウンセラーとして、これまで2500人以上のカウンセリングを果たし、クライアントの苦悩に耳を傾け、降りてきたメッセージを伝えている。

本書は、著者・平澤利佳の波乱の人生を振り返りつつ、どのような思いの転換によって現在のあり方になったのかを明らかにしている。自らと同じように悩み苦しんでいる人々が

「私が私として生まれてきて良かった」

と思えるようになり、幸せを感じながら生きていけるようになってほしいという著者の願いが詰まった一書である。

購入方法

著書情報

(タイトル)『見えない世界を知ると、本当のあなたが見えてくる』
ジュピター出版株式会社 (2019/2/10)  平澤利佳 (著)

(料金)¥1,490 通常配送無料

 

購入ページに進む

 

平澤利佳の直筆サイン入りの本もあります♪

詳細ページはこちら